資産を分けてリスク管理

【紹介】資産配分:許容してもよいリスクの範囲に合わせて準備した資金を商品の特性が異なる二種類以上の商品に分けて行う投資手法のことを、アセットアロケーション(Asset allocation:資産配分)と呼ぶのである。
【用語】日本経済は勿論として、さらに世界経済を読み取る為には、金融そして経済の根幹である株と金利と為替を感じ取る事が最大の課題です。なぜなら株価や金利、為替は複雑に関わりあっているからだ。
ですから安定的であり、さらにバイタリティーにあふれた新しい金融市場や取引のシステムを生み出すためには、民間企業である金融機関と政府がそれぞれの抱える解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければならない責任がある。
身近な株式投資関連の企業や個人のホームページ、ブログ、とか、市販の関連の専門誌などでは、過去の動向から、今後の動きについての予想を行うテクニカル分析が欠かせないものであるとして、各種チャートの使い方や分析方法などを非常に丁寧に解説しています。
そのとおり「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」以上、重要な機能のことを銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最も大切な銀行そのものの信用力によってはじめて機能しているものだといえる。
きちんと知っておきたい用語。デリバティブについて。伝統的なこれまでの金融取引や実物商品または債権取引の相場変動によって発生したリスクから逃れるために生まれた金融商品の大まかな呼び名であり、とくに金融派生商品とも言います。
平成20年9月に、アメリカで格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したことに全世界が震撼した。このことがその後の全世界を巻き込んだ金融危機の引き金となったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのです。
知っているようで知らない。金ETF(Exchange Traded Fund)とは、根強い人気の金の相場価格に連動する(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)上場投資信託(上場投信)である。証券会社でも売買できるため手軽な商品だが、証券会社への手数料が必要なことに注意。
投資という言葉は、経済の分野で、これからの資本や価値(生産能力)などを補強させるために、現時点で金銭や株式などの資本を投入することを指す場合が多い。広くは、自己研鑽や人間関係についても用いられる言葉になります。
よく聞くコトバ、ペイオフというのは、唐突な金融機関の倒産が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護される預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。
つまり金融機関のランク付けは、信用格付機関によって金融機関、さらには国債・社債などの発行元などについて、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて主観的に評価するということ。
巷で言う「失われた10年」という言葉は本来、その国全体の、あるいはひとつの地域の経済が大体10年以上の長期間にわたって不景気と経済成長の停滞に襲われていた10年のことを指す言い回しである。
保険業法(改正平成7年)の定めに従って、保険を取り扱う会社は生命保険会社か損害保険会社のどちらかになり、これらの会社はいずれも免許(内閣総理大臣による)を受けている会社以外は実施してはいけないということ。
【経済の基礎】テクニカル分析は、株式や商品取引さらに為替等の取引で、これまでに見られた現実の取引の時間ごとの動きから、将来の価格の変化について予想そして分析しようとする手法です。
【ポイント】ファンダメンタル分析⇒株式銘柄および取引市場における基本的な情報などを分析する方法である。先物取引だとか為替では、経済や金利、製品、賃金といった、企業経営の全般的な状況に注目するのである。